お肌・身体・こころに優しい(合成化学物質不使用)  *~スキンケアと香り~* 福岡 

NAHOKOs* ナチュラル&オーガニック Blog

2021/06/21 19:29

      毎日のケアは「3アイテム」のみ


1.洗顔

専用ネットに石けんを入れお湯で濡らし、ネットと石けんを擦るようにします。

石けんをネットから取り出し、ネットを揉むと泡が立ちます。

(手のひらの温度が低かったり、水分が足りないと泡が立ちにくくなります。その場合お湯を足してください)

泡を擦り取り、お顔に乗せていきます。

お顔全体にたっぷりの泡を広げて、スタンプ洗い(手のひらでリズムよく軽く押すように洗う)をしながら洗います。

小鼻の脇も指でよく洗い、ぬるま湯で丁寧に生え際まですすぎます。

タオルで優しく水分を拭き取りましょう。

身体を洗うときは、濡らしたタオルなどに直接石けんを擦りつけてください。


 和漢植物紫花美人石けん日本オーガニックコスメ協会推奨

  おまとめ買いの割引きがお得です。20gのハンディサイズあり

  https://nahokos.shopselect.net/categories/3247004

~~~~~~~~~~~~~~~


2.水分を補う

1.の後、すぐにハーブウォーター(化粧水)を手のひらで温めて、お顔に優しく乗せます

 私どもが取り扱うハーブウォーターは、合成界面活性剤、防腐剤など一切の添加物を加えておりません。そのため、最初は物足りなさを感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、使い続けるとハーブのフィトケミカル(植物の有効成分)でお肌が変わります。何も足さない自然な心地よさや安心をお肌が感じます。


 ハーブウォーター(化粧水)<農薬不使用栽培・無添加>

 ・ローズ、ネロリ、ラベンダーがあります

  https://nahokos.shopselect.net/categories/3247010

~~~~~~~~~~~~~~~


3.お肌に栄養とバリア

2.のハーブウォーター(化粧水)をなじませた後、水分を感じるうちにオイルを塗ります。

 手のひらに少量出して温めながら、優しくお肌に乗せます。植物オイルは分子が小さいので必要な量だけお肌に吸収されます    角質まで とされていましたが、近年の研究で植物100%のオイルは角質の下まで吸収されることが分かりました。季節や体調によってお肌も変化します。お肌に合わせてオイルの種類を変えたり、組み合わせたりできます。

オイルは種類によって特徴成分が違いますので、季節やお肌の状態、つける部位に合わせて変えて頂いたりブレンドしたりできます。

※アレルギーのある方は主治医におたずねください。

特にキウィやメロンにアレルギーのある方は、アボカドオイルは使用できません。


 ▶キャリアオイル(化粧油)目的や季節に合わせてお選びいただけます。

  https://nahokos.shopselect.net/categories/3247013


~~~~~~~~~~~~~~~


4.乳化させて肌荒れを防ぎ保護する

再度、ハーブウォーター(化粧水)を手のひらで温めて塗ってください

無添加のハーブウォーターとキャリアオイルは、どちらも100%植物性であり分子が細かくお互いに親和性があります。

合成界面活性剤を使用しなくてもお肌の上で乳化してクリーム代わりになってくれます


~~~~~~~~~~~~~~~


5.足りないところにタス

目の周りや唇など、足りないと感じるところへのみオイルを重ね塗りします(眼の中に入らないようにご注意ください)


~~~~~~~~~~~~~~~


6.スペシャルケア

季節を問わず乾燥するところには「和みつろうクリーム」をおすすめします。

届いたらすぐに作れるセットです。お顔・身体・ヒジヒザ・かかと・リップ・おやすみ前の手荒れケアにもおすすめです。

真正ラベンダー精油入りはラベンダークリームが作れます。

ラベンダークリームは、蚊などちょっとした虫刺されや、おやすみ前の手荒れケアにも。

※お薬ではありません。自己責任の元、作成、ご使用ください。

※みつろうを使用するので6歳以下の乳幼児にはNGです

 和みつろうクリームキット

  https://nahokos.shopselect.net/categories/3247010

 和みつろう

  https://nahokos.shopselect.net/categories/3486518



*~*~*~*~*~*~*~*

合成界面活性剤や、発泡剤、防腐剤など沢山含んだ洗顔料やボディーソープで洗えば、

角質も育たず美肌菌も殺してしまい、乾燥肌になりお肌は健康になりません。

また、乾燥しているからと油分だけ補ってもお肌は潤いません。

まずは、水分を補給し、その上からオイル分で保護し栄養を与えることが大切です。

洗顔・身体を洗うもの・水分(化粧水)・油分 どれを使うかも大事になってきます。

食事のバランスも大切にしましょう。